当財団について丨財団法人ITOH

ABOUT US 当財団について

当財団について~代表理事ご挨拶~

一般財団法人ITOHは、将来有望な日本の若手音楽家に対し銘器の弦楽器、弓等を無償貸与する事を通じ、その人達の育成に間接的に役立て、もって日本の芸術文化の振興に寄与することを目的として2013年9月9日に設立されました。

具体的には、日本音楽コンクール、及び国際コンクールの日本人優勝者又は入賞者に、一般には入手が困難な良いヴァイオリンの銘器、弓を一定期間(2年間)無償貸与することにより、将来有望な日本の若手音楽家が更に成長する一助になればと願っています。

伊東忠彦

代表理事 伊東忠彦

沿革

  • 2013年9月9日
    一般財団法人ITOH設立。伊東忠彦が代表理事に就任。
  • 2013年9月9日
    アントニウス ストラディヴァリウス1716年、及び松下敏幸バッカスクァルテットを無償貸与楽器とする。
  • 2015年2月10日
    「~同じ木から作られたクァルテット楽器“バッカス”による~クァルテットの調べ」コンサートを主催(於JTアートホールアフィニス)
  • 2015年10月14日
    2015年10月14日(水)「土岐祐奈ヴァイオリン・リサイタル」を主催(於 銀座ヤマハホール)
  • 2017年2月26日
    貸与楽器として、J.B.グァダニーニ1779年が加わる。
  • 2017年7月7日
    貸与楽器として、ピエトロ グァルネリ1721年が加わる。
  • 2017年9月23日
    貸与楽器として、アントニウス ストラディヴァリウス1702年<ライアル>が加わる。
  • 2017年11月25日
    2017年11月25日(土)「小川恭子ヴァイオリン・リサイタル」を主催(於 銀座王子ホール)
  • 2018年5月25日
    2018年5月25日(金)「城戸かれんヴァイオリン・リサイタル」を主催(於 浜離宮朝日ホール)