小川恭子さんがノボシビルスク国際ヴァイオリンコンクールで1位になりました

現在ストラディヴァリウス1716年を貸与している小川恭子さんが、2016年5月ロシアで開かれたヴァイオリニストの登竜門である第8回ノボシビルスク国際ヴァイオリンコンクールでシニア部門の1位となり、特別賞も受賞しました。決選ではブラームスの協奏曲を弾き、技術と芸術性が高く評価されました。小川さんの今後の活躍が楽しみです。

2016年05月11日